安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています

サイトメニュー

気になる施術法や料金

看護師

綺麗に除去する方法とは

ほくろと言ってもその形状は様々です。平らなものからいぼ状のものまであります。あざのよう広範囲に広がったほくろもありますし、他人が見たら全く気にならないほど小さいほくろだとしても、自分に取ったらすごく気になるというケースもあるのではないでしょうか。除去できるような市販の薬もありますが、使用する際には自己責任になりますし、確実に除去できるとは限りません。それならば最初からクリニックで除去したほうが良いかもしれません。病院で除去するとなると高い費用が掛かるイメージがあるかもしれませんが、実際には保険適用になることが多いですので数千円から高くても2万円前後で治療を受けることができます。後半に広がっているものに関しては切除範囲が広い分料金も上乗せになることがありますが、医療行為として行う場合はそこまで高額になることはありません。医療行為ではなく美容目的で行う場合は、全額自己負担になりますので、数万円から数十万円かかるケースもあります。治療を受けるには皮膚科や美容皮膚科だけではなく、形成外科や美容外科でもOKです。除去したあとの美しさを重視するのならば美容外科や美容皮膚科が向いているかもしれません。除去する医師の技術力にも左右されますからほくろ除去で人気のあるクリニックを選ぶと良いかもしれません。麻酔を打って行いますので、現在病気などで特定の薬を服用している場合や妊娠中・授乳中の方は医師と相談しながら決めてください。病院で除去してしまえばほくろをコンプレックスに感じることもなくなります。

ほくろ除去を行っているクリニックで治療を行う場合にはほくろの状態によって保険適用になりますのでそれほど高額な治療費はかかりません。保険適用になった場合小さいものですと5千円前後で処置することが可能です。除去するのにはお金が掛かりそうだから辞めておこうと考えていた人もいるかもしれませんが、この先ずっとコンプレックスを抱いて生活していくのならばいっそのことすぐに除去してしまったほうが賢明かもしれません。除去と言っても方法はひとつではありません。状態などによって除去の仕方が変わってきます。大きく分けて3つの方法があるのですが、まずは炭酸ガスレーザーです。レーザーを用いて色素沈着した部分を照射していくので施術自体は短時間で完了します。また、切開する訳でもありませんので回復も早い傾向があります。照射した部分はしばらく軟膏とテープで保護していくのが基本のアフターケア方法になるでしょう。そのまま自然に皮膚が出来るのを待ちます。早ければ3か月程度でほかの皮膚と同化して、ほくろがあったことも全く分からない状態になります。根元からしっかりと除去したいのならば切除縫合やくり抜き法が向いています。照射して除去するのではなく根元から除去するやり方ですので再発の恐れも少ないというメリットがあります。縫合する場合は縫合の仕方によって仕上がりがだいぶ変わってきますし、術後にケアをすることは必須です。くり抜き法の場合はそのまま皮膚が出来るのを待ちますが、範囲が広い場合は縫合する処置をとることもあります。

Copyright© 2019 安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています All Rights Reserved.