安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています

サイトメニュー

最低限理解しておくべき事

カウンセリング

最低限に返しておくべきこととその効果

美容整形外科やクリニックなどでほくろ治療する場合、お金がかかることが気になる人は少なくないでしょう。やはり、治療費といっても風邪をひいて病院に行って薬をもらうのとは異なり、もう少し高くなる可能性が高く不安に感じてしまう人もいます。特に、不景気の中ですので少してもお金をかけないようにして治療したいと感じる人も多いはずです。そこで、そもそも保険がきくのかどうかという点が重要になります。保険が適用されれば、通常は7割方国の方で負担してくれるため患者の方では3割負担だけでよいことになります。保険が適用される場面は、いくつかのパターンがありますがまず一つはメスを入れる場合になります。メスを入れる場合とは切除法と呼ばれる方法になりますので、この方法ならば保険が適用されるため積極的に利用する価値があります。ただ、ある程度大きなほくろでないとなかなか切除しにくい部分がありますので、場合によっては断られることがあるかもしれません。二つ目は、ほくろの状態によって異なります。例えば、悪性腫瘍の場合には保険が適用されるといってよいでしょう。もちろん悪性腫瘍の場合お金どころの話ではありませんが、これを取り除くのは審美に関することではなく完全な治療になりますので、保険が適用されると解釈されます。ちなみに、悪性腫瘍の場合は、ほくろと見た目は一緒のため素人が見てもよくわかりません。これを見分ける方法の一つが、急激に大きさが大きくなったりする場合です。このようなときには、すぐに医者に行って確認をしてもらった方がよいでしょう。

ほくろ治療する場合の効果はどのようになるかを理解しておくと、クリニックや美容整形外科に行く時も不安を感じずにいくことができるようになるかもしれません。まずその効果としては、レーザーによる場合とメスを入れて切除する場合で変わってきます。レーザーの場合には、比較的小さなほくろを対象にして治療を行いますので、すべてのほくろに適用されるわけではありません。小さな場合とは、直径がおよそ5ミリ未満のものになります。少し離れた所からみても目立たないぐらいの大きさになります。これを除去するためには、レーザー治療が一番ですが1回で治療できるかといえば必ずしもそのようなことはありません。そのため、十分な効果を手に入れるためには何度か通うことになることも少なくないでしょう。これに対して、切除する場合にはある程度の大きさになりますので傷跡が残りやすいと思われるかもしれません。ですが実際には、傷跡は残りにくい施術方法がすでに開発されていますので、安心して利用することができます。もちろん、クリニックや美容整形外科の先生の腕前によって若干左右される部分はありますが、それほど難しい施術ではありませんのでたいていどの先生がやっても同じような結果が出ます。十分な効果を発揮するために気をつけなければならないことは、手術が終わった後に貼るシールをはがさないことです。このシールは、ばんそうこうのようなものですが実は、皮膚を元の状態に戻す働きがあります。それゆえ、気になるからといってはがしてしまうと出っ張りができてしまう可能性も否定できないでしょう。

Copyright© 2019 安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています All Rights Reserved.