安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています

サイトメニュー

レーザーなら短期間で除去

鏡を見る女性

跡が残りにくいので安心

顔や身体の目立つ部分に出来ているほくろは、普通サイズのものであればレーザーで除去することが可能です。メスを使わなくても炭酸ガスレーザーで簡単に除去出来るので、気軽に治療を行う方が増えて好評となっています。一度の治療で複数個のほくろに対応するプランがあるのもレーザーのメリットで、短期間での除去に向いています。大きさがあり根が深くなっているほくろに関しては、メスを用いて除去する方法が再発の可能性が低く安心です。美容皮膚科では、メスで除去した部分の縫合跡を目立たないようにアフターケアを行なっています。根の深さによっては数回に分けて除去することになりますが、再発の可能性を減らすことが出来るのできちんと取り切ると良いでしょう。事前に医師と相談してどのような治療方法が適しているか検討することになりますが、うわべの部分だけを除去するよりも根の部分を取りきれるように気をつけることが大切です。レーザーによる除去を二回に分けて行うことにより、ある程度の根の深さまでなら対応出来るので相談してみると良いでしょう。大きさがありメスを使用することが推定される場合や縫合跡を残したくない場合は、美容皮膚科を選び相談するのがベストです。元から綺麗な皮膚のような状態までケアを行うので、除去後もケアのために通院することを前提とした治療を受けることが出来ます。また、除去後の傷跡が残っている方向けに、縫合の跡を目立たなくするケアをしている美容皮膚科もあるので、気になる方は傷跡ケアを受けるのがオススメです。

ほくろの治療方法としては、保険適用と自由診療の両方から選べるところが多く、患者が選択して良いことになっています。一般の皮膚科では保険適用の治療が多く、縫合跡の残らないレーザーなどを選ぶ場合にのみ自由診療となるところが多く見られます。最近では炭酸ガスレーザーであっても保険適用としている一般の皮膚科も増えてきているので、ホームページなどで行なっている治療の内容を調べてみましょう。複数個出来ているほくろを一度に除去するプランを導入しているのは美容皮膚科が多く、まとめてレーザーで除去するので治療費が安くなります。小さめのものや根の浅いものが複数個あって、まとめて除去したい場合には美容皮膚科のプランを利用すると良いでしょう。ほうれい線のようにもともとシワになっている部分に出来ているほくろを除去する場合には、メスを使用しても傷跡が残りにくいためレーザーを使わなくても大丈夫です。頬のように縫合の跡が残りやすい部分に関しては、レーザーを勧められることが多くなっています。まぶたや目の周りのように皮膚が薄い部分もデリケートなので、メスとレーザーのどちらの除去方法が適しているか医師に決めてもらうと安心です。状態によってはまぶたの場合はレーザーよりもメスを勧められますが、その場合はきちんと完治させることを優先した方が良いと言えます。どの除去方法であっても、局部麻酔を行うため手術中に痛みを感じる心配はありません。除去が終わると患部に治療用のクリームを塗ってテープで保護し、自宅でケアしながらかさぶたになるまで様子をみます。

Copyright© 2019 安全性が高く、美しい仕上がりを心掛けています All Rights Reserved.